保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 地域別の保健所の医師求人 >> 京都府

京都府の保健所の医師求人

日本を代表する古都を抱える京都府です。人口も260万人近くとそれなりに多く、地形の変化にも富んだ自治体なので、地域住民を守るために府内のさまざまな場所に保健所が設置されています。 具体的には京都市以外だと乙川保健所、山城北保健所、山城南保健所、南丹西保健所、中丹西保健所、中丹東保健所、丹後保健所、京都市内には15カ所あります。

これだけの保健所を切り盛りしていくためには公衆衛生医師もそれなりに必要なのでニーズは高いように思えるのですが、実際はどうなのでしょうか? そこで今回は京都府のホームページ情報などを参考に、京都府内における公衆衛生医師のニーズをまとめてみたいと思います。

■京都府の募集は特殊
最初に断っておかなければなりませんが、京都府の公衆衛生のシステムは他の自治体と異なる部分があります。基本的に京都府立医科大学の教員が保健所の公衆衛生医師を兼務する形になるので、他の自治体のように一般の医師を外部から採用して担当させるといった運営方法とは違っているのです。

ただ、外部の人間に全くチャンスがないのかといえば、違います。京都府の北部は特に公衆衛生医師が不足しているので、人材の確保は急務となっており、京都府の健康福祉部健康福祉総務課職員の募集が出ています。その募集に応募して採用をされた後は、京都府府立医科大学の大学院医学研究科地域保健医療疫学で行政従事医師としての準備を行い、その後に保健所で勤務できようになります。

実際にその方法で活躍している医師も存在するので、京都府の保健所で働きたいと思えば、最初に京都府の健康福祉部健康福祉総務課職員を目指してください。漢字が多くて読みづらいですね。

■人材募集は自力で探す
ちなみに上述の職員募集の情報は、自力で探すしかありません。民間病院の求人情報はリクルートなど民間の企業が運営するサービスを利用すれば簡単に集められるのですが、この手の自治体求人は民間のサービスに求人が(原則的に)出回りません。特に常勤の正規職員の求人となると、自治体の公式ホームページ上での募集が基本になります。

面倒かもしれませんが、京都府の健康福祉部健康福祉総務課職員の募集の有無を、京都府の公式ホームページにアクセスしてチェックしてみてください。

以上、京都府にある保健所からの求人の探し方についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか? 他の自治体と違って京都の場合は、京都府立医科大学の教員が保健所の医師を兼務し、外部の人間を雇う場合も同大学の大学院で準備をさせてからになると語りました。 まずは京都府の健康福祉部健康福祉総務課職員を目指す必要がありますので、自治体のホームページで求人をチェックしてみてくださいね。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.