保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 地域別の保健所の医師求人 >> 新潟県

新潟県の保健所の医師求人

新潟県は、全国的に見ても医師不足の顕著な県です。住民の人口に占める医師の割合は全国42位ですから、かなり医師が少ないことがわかります。これは、新潟県の人口が約230万人と、全国でも15位の多さであるにも関わらず、県内で医学部をもつ大学が新潟大学しかないことから、県内で排出される医師が少ないことも影響しています。もちろん、他県で学んで新潟に戻る医師もいますが、そのまま都会で就職する医師が多いことを考えると、やはり医師の卵の流出は否めないでしょう。

そんな医師不足の新潟県ですから、やはり保健所の医師も不足気味です。新潟県では保健所で働く公衆衛生医師を随時募集しており、応募があればその都度対応しています。勤務場所となる保健所の見学なども受け付けているほか、多忙な医師のために業務内容の説明などは担当者が応募者のところに出向いて説明するなど、医師採用のための努力はいろいろ行っています。とはいえ、なかなか採用に至らないのが現状で、受付は常に行っているので興味がある医師は問い合わせてみるとよいでしょう。

新潟県内には、新潟市保健所や、新発田保健所、長岡保健所など、12の保健所があり、医師は採用後それらの保健所のどこかに配属されることになります。新潟県内の人口の1/3以上は新潟市に暮らしていることもあって、最も規模が大きいのは新潟市保健所ですが、配属は必ずしもこの保健所になるとは限りません。いずれにしても、採用される場合は県の地方公務員としての採用になりますので、県外への転勤などはありませんが、県内の保健所での移動はあり得ます。また、保健所だけでなく新潟県庁福祉保健部の採用も一緒に行っており、そちらに配属される可能性もあります。配属について希望がある場合は面接時に伝えるようにしましょう。ある程度希望を聞いてもらえることもありますが、当然医師が不足している保健所に配属されることになるため、希望の保健所に配属されるとは限りません。

給与などは、県の公務員ということになるので、それに従った金額になります。保健所で行っている業務などは、新潟県のホームページなどにある程度記載されているので、それを参考にするとよいでしょう。求人情報も県のホームページに掲載されています。公務員ですので、一般の求人情報誌や求人サイトなどには掲載されません。給与などの細かい規定は掲載されていませんので、問い合わせる必要がありますが、ある程度の求人情報は掲載されるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.