保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所の医師の採用基準は?

保健所の医師の採用基準は?

保健所医師の採用基準は募集している保健所によって様々です。基本的には医師免許を所持している医師になりますが、勤務場所によっては分野の有無を問わない保健所も多いようです。また医師の転職はあまり年齢に囚われないことが多く、50歳を過ぎているからと言って採用されない訳ではありません。寧ろ40代後半〜50代までのベテラン医師である方が採用されやすい機関も多く、それは保健所も同様です。これといった基準は定められていませんので、各保健所の募集要項をしっかり確認しておく必要があるでしょう。

とは言っても、採用されやすいスキルを持っておく方が有利です。保健所の医師(公衆衛生医師)は病院勤務の医師と業務が異なるため、病院勤務の経験が長くても公衆衛生医師に向いているとは限りません。保健所の医師に求められるスキルとは、一つ目に公衆衛生の技術です。地域の医療や健康レベルを向上させる公衆衛生医師は、公衆の疾病の予防や健康の増進などが主たる課題になります。医師だけの技術だけではなく地域住民の疾病の予防や健康の維持を目的とする(公衆衛生)技術を持っておかなくてはいけません。二つ目はコミュニケーション能力です。保健所の医師は患者個人から健康や病気に関する相談を受けることもありますが、保健所が行政組織と位置づけられている以上行政マンとしての知識を持ち合わせておく必要があります。それは患者や医療関係の職員以外にも、各都道府県・市町村の職員と仕事を共にする機会が増えるため様々な業種の人に対応できなければならないのです。

はじめて保健所に勤務する医師が、誰しもそのようなスキルを持ち合わせているわけではありません。保健所で働いているうちに身につく能力ですので、あくまでも採用に有利になるスキルとして把握しておきましょう。保健所医師の募集は医師免許を持っていれば細かく条件を突き付けられることは少ないので、不明な部分は直接問い合わせてみることをおすすめします。

因みに保健所には都道府県型・政令市型・本庁型(県庁等や市役所)に分類されます。都道府県型は感染症や自然災害の健康危機管理などの地域全体の住民の健康のレベルアップ、政令市型は特定健診や特定保健指導等による地域全体の健康づくり、本庁型ではそれぞれの自治体の健康管理や保健衛生に関する計画づくりや予算の獲得、制度の確立などの業務になります。それぞれの業務で活かすことが出来るスキルが異なるため、自分のスキルに見合った保健所を決定するとより有利に就職・転職ができるでしょう。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.