保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所の医師の適性(向き・不向き)は?

保健所の医師の適性(向き・不向き)は?

保健所で働く医師に必要とされるのは、やはり医師としての基本的な知識があります。医師としての実務経験がないと勤務できないわけではなく、医師の免許があれば免許をとってすぐに公衆衛生医師として働くことは可能ですが、大切なのは医師としての基本的な知識を持ち、さらに幅広い分野の勉強を続けていくことです。保健所の医師は、精神医療から内科、歯科、感染症予防など、さまざまな業務を行うため、常に勉強を続け、研修を受けるなどしてスキルアップを図らなければなりません。そういう点では、成長意欲のある人のほうが保健所の医師には向いているといえるでしょう。しかも、保健所では地域の人々の健康を守るために、新しい技術や方法を常に取りいれていく必要がありますから、新しいことを知りたいという意欲の強い人も適しているでしょう。

また、保健所の医師に必要とされる資質としては、コミュニケーション能力も欠かせません。保健所では、医師が所長を務めることになっているのですが、それ以外の職種の人も数多く働いています。たとえば看護師や保健師、保育士、ケースワーカーなど、保健所にもよりますがその種類はさまざまです。もちろん仕事は資格に合ったものを行うのですが、いくつかの職種の人が連携して働くことも多く、お互いに協力することが欠かせません。しかも、違った資格をもつ人たちがバランスよく協力しあい、円滑に業務を進めるのは意外と難しく、お互いに不満を感じたり、働きづらい思いをすることも多いのです。保健所の医師は、そういったスタッフを管理する業務を行うことも多いため、スタッフひとりひとりと適切なコミュニケーションをとり、それぞれが働きやすく、しかも目的の業務がスムーズに進むようにマネージメントをしなければなりません。そういう点では、一匹狼で医師としてのスキルが抜きんでた人よりも、常に周囲に気をまわしながらコミュニケーションがとれる人のほうが向いていると言えるでしょう。

保健所の医師の業務の中には、あちこちの施設に出向いて病気の予防や健康についての講演や指導を行うことも少なくありません。時には多くの人の前でわかりやすく説明することも大切です。そのため、説明が下手だったり、多くの人の前で話をするのが苦手、という人には働きにくく感じることもあるでしょう。人前で話すのが苦にならない人のほうが適しているのです。また、たくさんの仕事を並行して進めることも多いので、広い視野で物事を見ることも大切です。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.