保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所の医師の転職のコツは?

保健所の医師の転職のコツは?

医師の転職といっても、あまりピンとこないかもしれません。ですが、医師は1人あたり平均して約3回転職していると言われており、実は、意外と転職する人が多い職業の一つなのです。近年は、保健所に勤務する公衆衛生医師へ転職したいという希望を持つドクターも増えつつあるようです。

公衆衛生医師になるにも医師免許が必要です。公衆衛生医師の採用基準は、各自治体によってさまざまです。40歳までと年齢を定めている自治体もなかにはありますが、ほとんどの自治体では特に年齢制限をもうけていません。医師が転職先に選びやすい職なのです。公衆衛生医師募集の有無、年齢や経験などの採用条件は自治体によって違うので、自分が転職したいと思う自治体へ直接問い合わせるか、自治体のホームページなどで確認すると良いでしょう。さらに、厚生労働省が「公衆衛生医師確保推進登録事業」を行っているので、厚生労働省のホームページからアクセスすることができます。

医療業界は、人間関係が非常に重要な世界です。ですから、公衆衛生医師に転職したいと思うなら、転職のコツは、辞めるときに人間関係をこじらせないことです。人間関係をこじらせたまま転職してしまうと、キャリアにとってマイナスになるかもしれません。ですから、けんか別れのような辞め方ではなく、円満に退職するよう心がけましょう。公衆衛生医師は、さまざまな機関と連携して仕事を行います。医療機関への立ち入り調査をする場合もあり、医師体制の確認や院内感染の防止指導などを行うのも保健所で働く公衆衛生医師の務めの一つです。関係が悪くなって仲たがいした人を相手に仕事をする可能性もある、ということです。ですから、できるだけ、転職は穏便にすませましょう。さらに、公衆衛生医師は、地元住民やさまざまな職種の人と分け隔てなく話せる能力が必要です。ですから、スムーズにコミュニケーションをはかる能力を身につける必要があるでしょう。公衆衛生医師は行政官です。日常接する人の数は、臨床医よりもはるかに多いのです。自分の適性をよく考えたうえで転職を決めましょう。

臨床医から公衆衛生医師への転職は珍しくありません。また、公衆衛生医師の中には、一度臨床医に戻ったり、大学で公衆衛生学を学びなおしたりして、再度公衆衛生医師の仕事に戻る人もいます。ですから、転職自体はそれほど難しいことではありません。公衆衛生医師として勤務中に、他の都道府県へ移動したい場合、割愛制度で他県に移籍することも可能な場合があります。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.