保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所長としての医師求人は?

保健所長としての医師求人は?

基本的に保健所の医師の求人には、直接的に保健所長を募集しているものはありません。 その理由は保健所で働く医師のキャリアパスにあります。 実は保健所では通常、臨床研修が終わったばかりの新卒の医師として就職したとしても、まず始めには技師級として採用され、5年から7年ほどかけてしっかりと医師としての経験を積みます。

その後には研修などを通じて主査級となり、さらに5年ほどかけて課長補佐級、その後3年ほどでやっと保健所長のような管理職になることができるのです。 もともと他の病院などで医師として経験を積んでいる人が、途中で保健所に就職したとしても同じで、まずは途中の係長級や課長補佐級から採用されていきます。 そしてある程度の経験や年数を経てから、保健所長になる事ができます。

このように保健所では新人の医師・経験を持っている医師に関わらず、最初は保健所長の下の階級からスタートするようになっているため、求人の段階で直接的に管理職である保健所長が募集されることはないのです。 このことを前提とすると保健所長に最短でなるための道は大きく分けて2つあると考えられます。 まず1つ目は新卒の医師の時に、保健所に就職してしまうという方法です。

新卒として保健所に入ることができれば、医師としての経験はもちろんのこと、保健所に必要な業務というものを元までしっかりと効率よく学ぶことができるため、能力のある人は比較的早く保健所長になることができると言われています。 実際にスムーズに行けば40歳前後で保健所長になれるケースもあると言われているほどです。 またこの方法で保健所に勤務し、保健所長になることができれば、一定以上の退職金を見込めるというメリットも存在します。

そして2つ目の方法としてあるのは、一旦民間の病院などに就職をするなど、他の場所で臨床の経験を積んでから、保健所に途中で転職するという方法です。 この方法では医師として客観的に認められるような能力や経験がある人なら、いきなり保健所長の階級に近い係長級や課長補佐級として採用されることがあるのです。 そのためこのルートであれば、早い人だと保健所に来て数年という短期間で保健所長になることも十分に可能だと考えられます。 ただしどちらの方法が良いのか、というのは人それぞれの考え方や環境などによって変わってきますので、保健所長を目指している方は一度時間をとってどちらが合っているかしっかりと考えてみるといいでしょう。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2018 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.