保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所の医師になるデメリットは?

保健所の医師になるデメリットは?

保健所の医師として働くデメリットは、やはり医療行為を行う機会がほとんどないということでしょう。医師にとって、医療行為を行うことでスキルアップをすることは非常に重要です。医師免許を取得して医師として勤務を行いながらも、はじめの数年はまだ一人前というよりは、見習いとして研修や指導を受けながらの勤務を行う病院も多く、そうやって医師はスキルを身につけていきます。そのため、新卒で保健所に勤務すると、医師としての臨床スキルが不十分である場合も多く、その後に一般の病院に転職した時に困ることも出てくるのです。もちろんそれから臨床スキルを身につけることも可能なので、転職出来ないわけではありませんし、現在は医師不足で売り手市場なので転職先が見つからないということもないでしょうが、条件が下がってしまう可能性は十分にあるでしょう。

また、医師にとって自分が治療した患者さんが元気になって退院していく姿を見るのは最大のやりがいだと言えます。そのために、激務でも頑張れるという医師も少なくありません。保健所の医師の場合は、直接患者さんと触れ合うことがないわけではありませんが、あくまで予防としての検査や検診が中心になりますので、相手は元気な状態であることがほとんどです。もちろん検査をした医師として感謝はされますが、辛い病気を治してくれた医師に対する感謝と違うのは仕方がないでしょう。そういう点では、医師としてのやりがいを感じにくい仕事だということになるのです。しかも、保健所内の人間関係が難しくて頭を悩ませる医師も少なくありません。保健所はいろいろな職種の人が働いており、連携して業務にあたることが必要になりますが、それがなかなかうまくいかないことも多く、保健所に転職してもまた病院勤務に戻ってしまう医師も多いのです。

保健所に勤務する医師は、一般的な職種に比べると高給ではありますが、病院勤務の医師に比べると給料の点では劣ることが多いです。そのぶん勤務時間が短かったり、残業が少ないといったメリットはあるのですが、給料がモチベーションだという場合はやはり残念に思うかもしれません。また、民間病院や大学病院に勤務する医師の場合は、日給数万円でアルバイトをしているケースも多いのですが、保健所勤務の医師は公務員になりますので、アルバイトをすることはできません。給料が多少少なくても、アルバイトするからいいや、というわけにはいかないのです。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.