保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所の医師の年収相場は?

保健所の医師の年収相場は?

保健所の医師は病院勤務の医師とは違い“公務員”として扱われます。そのため病院等の医療機関勤務に比べると年収は低めとされています。勤務地や業務内容、経験年数によっても異なりますが、一例を挙げると医師免許取得後5年目で660万〜1200万円、10年目で770万〜1300万円程度です。しかしこれはあくまで単純計算から導き出した年収であり、保健所の医師の場合はこの年収にいくらか手当てがつきます。手当の種類は様々ですが、一般的な扶養手当や通勤手当の他に公衆衛生医師特有の感染症予防等手当が受けられるようになっています。もちろん感染症を扱う業務のみに限るため、全ての公衆衛生医師が受けられる訳ではありません。

また、保健所の医師は階級によっても年収が異なります。スタートの一番低い「技師級」と呼ばれる階級は年収約790万〜890万円、卒業後7年程度で得られる「主査級」は930万〜1010万円、卒業後12年程度の「課長級(参事/保健所長)」は1260万〜1330万円、卒業後22年程度の「次長級(理事長/保健所長)」は1400万円程度となっています。また基本的に保健所勤務は土日出勤がありませんが、場合によっては時間外勤務が課せられることもあるため時間外勤務手当を受けることもできます。勤めていた病院や科目によっては、保健所の医師になることで年収アップも期待できます。

年収アップを図るコツは、まず一つ目に福利厚生が充実していること。お金を貰う訳ではありませんが、社会保険をはじめ託児所などのサービスを上手く利用することでコストを削減でき、結果収入アップに繋がります。二つ目に勤務面の待遇を受けること。医師や看護師は当直や夜勤勤務があります。救急外来のために常に万全の状態で待機しておかなくてはいけないため精神的なストレスがかかります。そのため当直や夜勤は1回に5,000円程度の手当てを受けることができ、特に非常勤の方は当直の勤務に集中すればかなりの高収入が期待できるのです。その分肉体的にも身体的にも負担が大きいですが、収入を第一に考えている方にはオススメの働きかたです。

病院に勤務する医師よりも年収は低めになっていますが、多くの人と関わることができやりがいがある仕事です。給与が気になる方は、転職サイトの専任キャリアアドバイザーからアドバイスを受けることで良い条件の保健所求人を見つけることも可能です。それでも納得がいかない場合は直接こちらの条件を病院側に伝えるサービスも行っているため、積極的に医師転職サイトを利用してみると良いでしょう。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.