保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所の医師の残業は?

保健所の医師の残業は?

近年、ブラック企業は大きな問題となっています。従業員に劣悪な労働環境で仕事を強いる企業体制は、日本独特の労働環境が招いた害悪と言えるでしょう。医療業界でも、例外ではありません。病院勤務の医師は長時間の勤務が課せられています。1ヶ月の残業時間が100時間でブラック企業なら、日本の大病院はほとんどがブラックと言えるかもしれません。もちろん診療科によりますが、救急以外でも、脳神経外科、心臓血管外科、循環器内科は激務御三家などと揶揄されるほどの激務で知られています。医師が健康を損なうほどの激務であることも多いのです。

保健所に勤務する公衆衛生医師は、一般の大病院に勤務する医師とは違い、プライベートな時間を犠牲にして心身を酷使することは求められません。病院に勤務する医師は平均年収が高くなりますが、公衆衛生医師は公務員ですから、年収ではやはり医師に見劣りすることでしょう。ですが、勤務時間はほとんど日勤のみで、当直がなく定時に帰ることができるというメリットがあります。土曜と日曜は休みなので、家族のために時間を使うことができますし、自分の趣味を行ったり、キャリアアップや将来のために勉強をしたりと、自分のために時間を有益に使うことができるのです。

もちろん時間外勤務もときにはありますが、その場合当然、時間外手当を受けることができます。ですが、一般の企業と比べても頻度は少ないので、体力に自信がない方や、子育て中の方、親の介護をしながら働いているという方たちでも、無理なく勤務することができるでしょう。保健所に勤務する医師が行なう業務は、診察や治療ではなく、予防がメインになりますので、夜間や早朝、週末に急患がくるということはありません。入院患者がいるわけではないので当直がありません。そういった意味では、ストレスの少ない仕事といえるでしょう。ですが、人々の健康や、子供たちの成長にかかわる仕事なので、大きなやりがいを感じることができる仕事でもあります。

保健所に勤務する公衆衛生医師の仕事は、地域医療に深くかかわることができるということでしょう。保健所での仕事は多岐にわたります。地域住民の健康診断や検査、虫歯予防指導や感染症予防の指導、さらには行政と連携を取りながら、衛生的で健康的な地域づくりを考え、医療関係者や教育関係者に直接指導を行うこともあります。さまざまな分野の人々とかかわることのできる、さらに長期的な視野で医療・衛生に取り組むことができる素晴らしい仕事です。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.