保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所の医師で活きる資格は?

保健所の医師で活きる資格は?

保健所の医師になるには医師免許を有していなければいけません。これは常勤であってもアルバイトであっても同じことです。保健所にもよりますが臨床経験があれば専門分野は問わないこともあり、逆に臨床経験を必要とはしないものの公衆衛生医師の実務経験を必須としているところもあります。基本的には医師免許があれば保健所の医師になることが可能ですが、場所によって採用されるかは異なるということになりますね。

また保健所の医師は病院で勤務する常勤医師と違って公務員になります。よって採用基準にも地方公務員法が適用されることになります。これは公務員でなくとも同様ですが、禁錮刑よりも重い罰を下されて、執行猶予中であったり刑期の最中であったりする人は、当然この職に就くことができません。また一度地方公務員として働いていた経験があるものの、処分を受けた経験があり、所定年数を経過していない場合にも就くことができません。更に反政府且つ暴力的な団体に所属していたり、団体を結成した場合も保健所医師になることができないのです。

必要な資格や条件は上記のとおりですが、持っておくと採用が有利になったり仕事に役立つ資格もあります。例えば精神病患者の相談を受けることもあるため、心理カウンセラーの資格を持っておくと以前精神科に勤務していなくても仕事をスムーズに進めることが可能になります。地域の健康を維持することを目的とした業務に携わっていれば、管理栄養士の資格も役に立ちます。挙げればキリがないですが、医療関係や栄養関係の資格を持っていて損をすることはまずありません。保健所によっては保持している資格によって優遇してくれるところもあるため、履歴書には取得資格を正確に記入しておくと良いでしょう。

また、医師の資格を有していること以外にも3年以上の期間で公衆衛生の実務経験を積んでいなければいけないこともあります。保健所の医師は病院で勤務する医師とは業務が全く異なるものなので、ある程度公衆衛生医師としてのスキルが必要になることも多いのです。業務によっては行政機関との関わりや、都道府県・市町村の自治体と連携して仕事を進めるためそちらの知識も持ち合わせておかなくてはいけません。また、患者さんとの関わりは少なくなってもたくさんの業種の方と仕事を進めていくので高いコミュニケーション能力を必要とします。必須とされる資格は医師免許ですが、現場で活きる資格やスキルは病院の医師とは違うので求人情報の募集要項や採用条件、どの保健所(都道府県型・政令市型・本庁型)に勤務するかも決めておく必要があるでしょう。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.