保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所の医師の退職金は?

保健所の医師の退職金は?

保健所の医師の退職金の計算方法というのは、いわゆる公務員の人たちと同じ方法が採用されます。 というのも保健所で働いている医師は、保健所という各都道府県が設置している場所で働いている、いわゆる地方公務員と呼ばれる立場だからです。 そのため退職金の金額は、それぞれの地域の行政で定められている計算方法に従って決められます。

退職金の具体的な計算方法はどのようなものかと言いますと、地方公務員の場合、退職金の計算は基本額に調整額を加えたものと定められています。 このうち基本額とは、退職する日の給料の月額に退職理由や勤続年数によって定められている支給率をかけた額となります。 例えば、退職月の基本給が30万円で、支給率が仮に30だったとすると、基本額は900万円になるわけです。 もう1つの調整額とは、調整月額の中で最も額が多いものから60ヶ月分の額の合算となりますので、これは単純に調整額をチェックして大きい順に60個分足せば良いのです。 仮にこの調整額が100万円だったとすると、退職金は先程の900万円に100万円を足した1000万円となります。

このような計算方法になっていますので、基本的に保健所の医師としてどれだけの期間働いているのかによって、もらえる退職金の大きさが変動するということになるのです。 もらえる退職金の相場はどのくらいなのかと言いますと、一般的には2000万円から2500万円ほどになると言われています。 しかし先ほども話しましたように保健所で働いている年数によって、その額が大きく変わってきます。 退職理由が定年ではなく他の自己都合によるものの場合、退職金後の基本額で使う自給率という数字が大きく下がり、その結果、退職金そのものの額も下がります。 保健所に勤務している期間が6ヶ月未満である場合や、何かしらの理由で懲戒免職などを受けてしまった場合にも退職金が制限されて、数字が下がってしまうのです。

退職金というものは様々な理由で大きく変動する可能性があるので、必ず退職金として2000万円ほどもらえると勘違いしないように注意しましょう。 ただ、保健所としての医師の退職理由が定年であっても、自己都合のものであったとしても、勤務年数さえ予測出来れば誰でも貰える退職金額を計算することは可能となります。 保健所の医師として働く方はその人生設計の参考、また働く間のモチベーション維持のためにも、退職金がどの程度の額になるか一度計算してみてはいかがでしょうか。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2018 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.