保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所の医師に多い悩みは?

保健所の医師に多い悩みは?

保健所に勤務する公衆衛生医師になろうと考えていますか?公衆衛生医師仕事には、地域の人々の役に立ち、治療よりも予防という観点から仕事ができるので、より人々の幸福に寄与できるというメリットがあります。また、土日が休みで、当直がなく定時で帰ることができるので、自分や家族のために時間を用いることができるという利点もあります。さらに、公務員ですから、福利厚生もしっかりしています。

このようにメリットばかりが目に付くかもしれませんが、実際に働くならば、メリットだけでなくデッメリットも把握していないと、勤務を始めた後に「こんなはずではなかった」と嘆くことになるかもしれません。どんな仕事・職業でも、メリットだけでなくデメリットがあり、働く人々は日々悩みながら仕事をしています。公衆衛生医師という特殊な仕事にも、職業ならではの悩みがあります。それは、臨床医師と違って、「患者を直接診る機会がない」ということでしょう。予防接種や問診を行うくらいなので、患者を治療し、患者や家族に感謝されるような満足感を得ることはできないでしょう。医師としてのスキルを活かしたいという方には、物足りなく感じられるかもしれません。

また、臨床医師と比べて収入面では劣ることを悩む人もいるかもしれません。開業医や民間の医師など、同じ年代の医師たちと比べると、収入の面でやはり低いと言わざるを得ません。「たくさん稼ぎたい」という医師にとっては、悩みの種になるかもしれません。さらに、転職や就職を希望しても、求人数がそもそも少ないということも悩みの一つになるかもしれません。地方自治体によって求人にはバラつきがあるため、都会では求人数が多くても、地元での求人は少ないということもあり得ます。

こうして公衆衛生医師が抱える悩みについてみてみると、自分が人生において何を大切にしていくのか、ということで選択肢が決まるといえます。収入を第一にするのか、それとも家族や自分の時間を大切にしつつ仕事を行うのか。臨床医として患者を救う生き方を選ぶのか、それとも予防に重きを置いて、そもそも病気にかからないようにする生活を支援したいと思っているのか。自分の人生設計と、自分の性格などを合わせて考えていくならば、おのずと答えは見つかることでしょう。公衆衛生医師というのは、同じ医療従事者からもあまり理解されない分野の仕事かもしれません。ですが、災害時の医療や、感染病の飛散防止、高齢者ケアなど、今の日本が直面する問題の最前線で働くことができるという魅力は何ものにも代えがたいものなのです。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.