保健所医師求人ランキング

保健所医師求人TOP >> 保健所の医師求人探しのFAQ >> 保健所の医師の業務内容は?

保健所の医師の業務内容は?

医師と言っても、病院などの医療機関に勤務する医師と保健所で働く公衆衛生医師では業務内容が大きく異なります。そのため、臨床経験を重要視している医師に比べて公衆衛生医師は保健所勤務経験を重要視しているところも多いほどです。業務内容のみならず、求められるスキルも病院勤務の医師とは異なるので同じ医師括りであったとしても違う職業に転職したと言っても過言ではないでしょう。また保健所医師(公衆衛生医師)の業務内容は働く保健所によっても違います。保健所には都道府県型・政令市型・本庁型(県庁等や市役所)の3つがあるので、保健所勤務を希望している方はそれぞれの仕事内容を把握しておく必要があるでしょう。

まず都道府県型の保健所は、管内の市町村と協力しながら医療機関や医師会などの関係機関と調整を行い、食品衛生や感染症対策、精神病や難病の専門的な業務を行います。また地域に密着した医療活動(直接患者さんの相談を受けること)や地域の医療・健康のレベルアップを図る取り組みを行っています。具体的には生活習慣予防の対策やがん対策、母子健康や地域の健康づくりなどが挙げられ、これらの業務はほとんど都道府県型の保健所が担当しているのです。次に政令市型の保健所は、市町村で義務化されている乳幼児健診等の母子保健事業や特定健診が主な業務とされており、加えて都道府県型保健所が行う業務も進めなければなりません。また地域に密着したがん検診など、地域の医療をサポートするとともに健康維持や医療レベルの向上にも努めます。最後に本庁型の保健所は、自治体全体の健康や保健衛生に関する計画づくりを行います。また、予算の獲得や制度の確立など一般的な医師では携わることが出来ない仕事も多くあるため、達成感も高くより幅広い医療活動に貢献することが可能になります。

保健所の医師は基本的に直接患者さんと関わる仕事が少ないため、病院のような業務を行うことはほとんどありません。患者さんと関わることは少なくなっても、行政組織に位置付けられている保健所では仕事を進める上で様々な業種の方と連携して進めることが多くなります。そのため医師としてのスキルだけではなく、行政マンとしてのスキルや様々な仕事に対する対応ができなくてはいけない分、難しい職種です。

保健所によって業務内容は多少異なっているので、詳しくは希望の職場の求人情報をしっかり見ておくと良いでしょう。直接保健所や福祉保健センターに問い合わせるのもおすすめです。

保健所の医師の年収は?転職方法は?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 サービス地域 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • サービス地域
  • 全国
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





Copyright (C) 2013-2017 保健所医師求人ランキング All Rights Reserved.